2017年04月18日

ものへの憧れについて

起きた出来事、例えば、りんごが落ちた、とかそういう出来事=おそらく客観的事実(これがあるのか、つう議論もまたあるけれど)と言われるものと、それを人がどう捉えるか、ってのはまったく別の層の話。何かが起きた・起きない、という(おそらくは)たった一つの出来事に対して、解釈のバリエーションの自由さ豊饒さたるやたるや。

それ自体はただの事象であるものやことを、自分の物差しで塗り絵する、物語ろうとする、人は。自己肯定のためであれ、自己・他者の理解のためであれ、何かしらの意味をよみとろうとしたり、意味を渡そうとしたりするし、している、自分も。ただ起きたことに、それってどういうものなのか、ことなのかと説明しようとする。

私の物質に憧れる欲は、そういう特定の解釈・意味づけじゃなく、少なくとも自分の解釈で語るんではなく、物語られる事象そのものでありたいって欲なのかもしれない。意味づけをしようとすることから逃れたいとはずっと思ってきた。だって自分にも他人にも、自分なりの解釈を持つ自由は尊重したいしもちろん自分にもあると思うけど、それって本人にとっては独占的で唯我独尊でいいと思うけどさ、それとは無関係に、事象はそこにあるでしょう。みたいなこと。つまり、世界はそこにあるでしょう。誰かが、何かを思うより先に、圧倒的な事実として、それを捉える存在に先行してただそこに在るもの、という事実を信じてるんじゃないかと思う。同時に、考える存在、つまり、世界を見る人間がいるから目の前に世界は存在する、ともいえるしそれを信じてもいる。だからどっちも信じてるってことを、どっちも同じくらい愛しく思う。物質になりたいってのは、つまり、考える存在=世界を見る存在である自分が、世界の側に、有り体にいえば自然物として存在したい、ってこと。ヒトという固有の物質として、過不足のない世界の構成物としての存在、というものがあると仮定し、そういうものに、私はなりたい、と思ってる、思ってるんだなー。たぶん。でもこれって同時に、永遠に、そうなりたいと思い続ける側なんだろうなーとも予感している。ぐるぐる楽しく回る。
posted by hamigoe at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月14日

夏の整理

誰でも、自分の声だけに、その時間だけは、自分の存在だけに全神経を傾けてくれる存在が必要なときがある。本当の声を、呼吸を、間を、震えを、そのまま、それとして/そこに存在するモノとして精確に受容しようと試みてくれる他者、その必要。でも誰にも強要できない。だってすごく大変だもの。自分の見方や意見を後退させて全神経を一つの対象に向ける、その後自分のもてる力をその対象が望む方向に向けて波紋を起こすことに専心するのって。本当になかなか起こらない。でもそれは起こる(し、いま書いてて自分でやりたいと思った)。演出家と俳優の関係でも訪れることがある、幸福な瞬間のような。本音を探る過程にも耳を澄ませてもらえる時間の確保は必要。
と同時に、他者の声に全神経で耳を傾ける存在になる時間も切に必要。こちらの目的は少し違って、純粋に自分をルーペにして声の深部、細部の襞に分け入ること。自分が別の声に没入することで行方不明になっていい時間をもつこと、と同時に行われる。水面下に潜る時間を水面の上に体を置いて行う、体は触媒として何かを反響し、広い、反映する(といいな、と信じながら行う)。この作業を私はテキストを読む行為において行っている自覚がある。これは俳優の作業や過程の一部分と重なる。だから俳優の作業や学びは大事で具体的で他者や自分の思考、作業の具体的な助けにも支えにもなった。だけど同時に、私の前提はごくプライベートな行為であって、かつそれを優先せざるをえないので、人前であるかどうか、人に見せるために形を整えていくかどうかは後退する。「職業俳優」に自分自身が必然性を感じないのはそのため(ただ、それを職業としている方には敬意を抱いています。経済的な成立に関わらず)。
その、他者の声に潜っていくごく個人的な作業の重要さは自分にとっては生存条件に近いくらいの価値。と、10年くらいの模索を経て現段階で理解している。個人的な重要さにフォーカスすると、それが行われるのが人前である必然性は後退する。なのだけど、この時、この作業や触媒となった水面の上のあらわれ(表れ/現れ)を見つめる他者がいることはまた幸運な作業の始まりでもある、ことも知っている。
私にとっては見つめることも、見つめられることもごく個人的に個体の愉悦を感じられる作業であることが優先される。その後、また第三者に向けた形にしていくかどうかの選択は別の過程。その選択をした場合の力量は未熟だけど、でもそれもまた個人的には重要な作業なのだな、こんな風に表に向けて書いているくらいなのだから。
これらの時間に潜水できるかどうかで、心身の平和が保たれるかどうかは左右される。

それを何でするか、誰とするか、というのは、自分で選ぶものなのかな? 徐々に定まるものだろうか。少なくとも目的や意識などを分け合える相手や環境にいると、集団としてある作品を提供する形に自然になる様子ではある。
posted by hamigoe at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月02日

Important things

適切に配置されること。
風景の中にあること。
そこに音と声が聞こえてくること。
物語が訪れること。
ものは逸脱やブラックホールを内包すること。
かたりは時空を超える旅に誘うこと。

そして最後に、その場から立ち去ること。
posted by hamigoe at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月16日

橋を渡して橋を渡って

少しずつ次の景色を見に向かっているのがわかる。考え方も、かっこいいと思うものも面白いと思うものも変わる。世界観や目的が変わるのではなくて方法が変わるのです。観せることを知ったからだなあ。その道を知ったからだ。道を拓く、丁寧に石を敷いていくような道の作り方を知ったからだ。観る喜びと観てもらえるように立ち居振る舞うことがわたしの中で橋がかかり、その空中で編み込んで景色の先を一緒に見ようとするような作業そのものが、橋渡しになることを体感できたからだなあ。音楽家の音により歌い手の声により、虹色の橋があなたからわたしへ、かかる瞬間を体感できたからだなあ。それに震えたからだ。誰にも読まれなくていいのだけど、自分だけのものとして置いておきたくないことは、誰に読まれてもいい場所に置いておこうと思いました。
posted by hamigoe at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月15日

「捨て子たち、星たち」再演

かつてかいつか、もしかしたら結構今も。代替可能で/交換可能で/無名のものだからこそ、その声は継がれて不変になりうると信じていた。けれど今同時に、代替不可能性の中に宿る存在の神秘なればこそ、と思う。その声は、消えるからこそ。余韻と余波、気配やざわめきでしか受け取り得ない、聞き取り得ない存在の震え。

音楽詩劇研究所公演「捨て子たち、星たち」 シアターΧ
posted by hamigoe at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月25日

かがみか

あ、そうか今ちょっとわかったかも。一人称ではどこか息苦しいわたし、みたいなのを抱えたあなた/彼/彼女へ、別の解釈を捧げる、みたいなことか。あ、これすごいな、モチベーションあがる。そうか、別の角度、別のところから見たらあなたそれだけじゃないでしょ、そうだよね? ってのを知りたいんだ、いつもいつもそれが知りたくて、それが見えると掬われるし、それを見せることで、掬えるのかもしれない、その人の、その人自身じゃ触れないわたしを。
posted by hamigoe at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月14日

公私混同はなはだ

昨日、コツコツ二人で続けてる稽古の前に相方の女優さんと話していて、何かを作るときの公私混同の大事さに二人ですごい納得した。どこに/誰に向かうかはものすごい大事、けどそれ以上に、個人的な差し迫ったものに何よりもぐっときちゃう。ってその感覚が共通だったという話。誰しもに当てはまる公式ではないと思われるし、含まれる割合も、バランスもサマザマ。聖俗のたとえもよくあるけれど、公の中に私が見えることもある、その逆も、少し角度を変えた言い方で耳にもする。
あと、やっぱり見せ方や伝え方、というところにすごくこだわって頑張って、ってことの大事さを毎日いたるところで思う。どうやったら面白くなるかってこと。自分が面白いことを面白いと思ってもらえるか、ってこと。ただそれだけ。
posted by hamigoe at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月30日

ぎふんとてこいれ

その対象との距離がどうかってこと以上に、ただただ、ある存在に対してどうしてここまで失礼になれるのか、尊厳を持てないのかってことにはらわたが煮えくり返る。年に何回もないことだけど、血が沸騰するぐらい。沸騰すると蒸発すんだよな。かっとなってやっちゃいました、ってのわかるよ。考える余地なんてもてないよ、衝動だもんね。ほとんどの原因は人が人に対するときの無礼さ。ようは仁義。いきなり初めて会う人にそれやるのかよ、お前。まあやるんだよなお前は、ってことでもあるんだけど。このくだらなさが本当にくだらなくてそのことのために、大事で丁寧なことが簡単に消えるんだよなあ。はあ。ぎふんぎふん。でも、その塊をね、なんとか自分と切り離して、切り離すために言葉を置こうとするとき、言葉を交わそうと努めるとき、それを人がしているのを見るときや自分のなかでの対話も含めて、それについて懸命に、誰かと懸命に橋を渡そうとするその行為によって。それを見たり耳にすることによって、なんとかもう一度、なだめる言葉が向こうからてこてこやってくる。それは呑気な足取りで、なんとなく眺めてると、呑気がやってくるよ。てこてこ。ぎふんぎふん。てこてこ。
posted by hamigoe at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月18日

この時期は処方箋

課題を前進させたうえで、ようやく次のステップとして、選ぶことに進める。何かを遠ざけるだけだとまたその障壁はやってくる。逃げても同じ壁はやってくるよ、というのは確かになーと思うんだけど、それでも、何回か逃げてもいいんじゃないかな。というのは、たぶん目の前にどーんとぶつかる壁の質感も高さも、状況を経て変化するから。壁そのものは同じだとしても、受け手である人の方は日々変化している。状況もその人自身も前に同じ壁が現れた時とは違うから、乗り越え方は見つかる可能性が広がるように思う。

人は勝手に物事を解釈する。良くも悪くも。人にできることは、対象/出来事に対して力を加える/働きかけることと、それを自在に解釈をすることだ。それで、対象と受け手(出会い手)との関係や間にある距離、見え方、接し方を変えることができ、もしかしたら多少は対象そのものも影響を受け、踊ってくれるのかもしれない。それを見てまた諳んじる、その繰り返し。
posted by hamigoe at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月28日

せにゃいちゃことはじめ

千夜一夜、証言(attest)、「墓は詩だ」、「全ての詩は碑文である」。ダルウィーシュが言う。ように。
かつて原さんとのお話の中で言ったけど、私は自分がプレイするということになんでか、祈りのプレイを絶対ふくみたい、それが私にとっては一大事、一番大きなことで、それは大げさなというよりはごくちいさなささやかな、ここに置かれた、ぼくに与えられたからだ、このたったひとつの、このぼくのからだ、が、歴史をはらむ唯一の、ここに置かれたぼくのからだが大きな流れと往還できる、唯一の方法のような気がする、という思い込みに依ります。そしてそれを私の「千夜一夜」物語にしたいのは、それを私の生き延びる方法としたい、という思い込みに依ります。日常の雑事に巻き込まれて流されて忘れて煩わされて気もそぞろで、それらはすべて愛すべきものであり、具体的な時間の全てです。その合間に、間に、宇宙的に行方不明になる方法、ブラックホールとヴォイドの作法を必要とするたったひとつの、たった一人との関係。ブロツキイも言うようにダルウィーシュも言う。「一篇の詩は詩人と読者の間の関係においてのみ存在する。わたしは自分の読者を必要とする」(『壁に描く』マフムード・ダルウィーシュ著、四方田犬彦氏翻訳、あとがき内に引用されたダルウィーシュ氏自身の文章より)。すべて、ひとつとひとつの関係においてのみ感じて受け取れる質感。それを私もやる、ということなんです。
posted by hamigoe at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記