2014年11月27日

いったりきたり

人と人の間にあるものについての仮定とその根拠を集めている。その周辺をうろついている。

その人といるとき、居場所があると感じる。
その人といる時間が、わたしの居場所になる。
その人といる限り、
自分が、楽でいられる。
自分が、わたし自身でいられる。

その人と一緒にいる時間の限り。
その人といる限り。
から、
その人が同じ時間/現在にいる限り。
へのスライド、もしくはジャンプはできるのかしら。

物体として近くになくても、その物体が、地球上の、あるいはロマンチックにいえば、同じ空の下にいるなあと思えば、同じ月を見ることができる場所にいるなあと思えれば、場所は、私の場所は、この世界にあるなあ、だからたぶん大丈夫だなと思えたりするのかな。
物理的に、一緒にいなくても。
「居場所」を自分側でポータブルできるのかな、ということ。

ちなみにこれ、相手の数だけたくさんつくれる、のかな。
この人と会ったらいつでもわたしでいられる、という「場所」をつくることは、わたしが素直に置かれてるなあ、だはーっていう実感さえあればいつでも実現できている、ということなのか。
この人といるときのわたし、あの人といるときのわたし、その人といるときのわたし、どれもわたしのある側面で、どのわたしも楽でいられる、のならば。
あ、でも主眼は、そういう相手をたくさんつくりたい、とかではなく、それはその人それぞれのもてる数というか、居場所の欲しさの数やら繋がれる数やらで決まるのかもしれず、与り知れない範囲です。

戻って、その「居場所」が自分の側でポータブルできるとして、つまりそれって、橋を自分でもってる、みたいな感じなのかしら?
その人と会える時にはその橋をかける。よいっしょっと。したらば行き来できるわけだ。行き来の時間、わたしはあなたの居場所になり、あなたは私の居場所になる。間と、橋をいったりきたり。その往還こそが居場所。往還がらくらくちんにできる、という実感、かな、大事なのは。

それをつくる必要条件は、案外相手、ではなく、わたしをわたしが持っている限り、になるのかな。
依拠する先を、自分に向けたら、依存ではなくなる?
人間は依存する、のだろうけれど。それでも、自分へ依拠したら。いくら中身がマグマでも、依存はライトな、さらさらーっとした、ぎゅー、すぱー、さらー、ありがとー、じゃー、みたいな、星砂、みたいな軽やかさ。おかげでまた自分に依拠できるわー、ありがとー、みたいな、そんな感じになれるのかな。なりたいのかな。からっからの、骨の散り散りになった破片みたいなね。星砂、燃え尽きた後の骨に少し似ているよな、似てないよな。

ああでも、圧倒的に、そばにいること、触れることのありがたみってのがあるのも知っている。身体はだって置かれている。肉はここにごろんと。質量も熱量も欲望も煩悩もあるわいな。
ぎゅむぎゅむの肉の塊が、さらーっと星砂を掴む、ぎゃしーっと砂を握った手応えの後、指の隙間からしゃらしゃら落ちていく、手には少ししかくっつかないの。にゃむー
posted by hamigoe at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月12日

鳥餌

無言であれ、なんであれ、話しかけるのが好きだっただけだな。なのになんでか、どうしても、声をかけがたい人もいる。それしか取り柄がないのに、それを取り上げてしまったらますます何もない。困ったなぁ。
posted by hamigoe at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月09日

優しい手の話、その1

つい今週のことです。一つの場所が結びの時間を迎え、もう少し長いスパンで長い距離を走り続けている時間が、離陸前のいよいよ大詰めの時間帯を迎えています。映画ではいくつかのタームがあって、それぞれに大詰めやな、という時間帯があるのですね。そのうち、今は撮影期間中とは違う大詰め感で、どちらかというと地味にこたえる(答える/堪える/応える)タイプの時間帯。大詰めとはいえ、すべてがstuffedされたところで素晴らしい大空に飛び立てることが約束されているわけではない。大詰めって何よ、と別の場所であった人につっこまれてうーん、確かに何だろうこの大詰め感、とか思いもするし、夜中に2、3人で延々走ったり撮り直したり頭抱えたり困った顔したり苛立ったりハイ/灰になったり、沢山の人の役に立つようなすごくいいことだけをやってるわけじゃないし、これまでどこか、特権的な優越感を抱いていたこと、そのかっこわるさも首をしめる。精神的な体力的な底を見ることは毎日ではないけど、この密度なら忙殺ってありえるかも、でもまだギリいけるか自分よとか身体とこっそり会話したり、1番いいたくない時間帯で1番いいたくない相手にキツいと表明してしまったり(それは大事なんだけどやっぱり苦しい、でも修復)、有り体に言えば、色々な軋轢や葛藤が細かく細かく頻発してきたし、今もしている。
でも、ちゃんと寝ればあっさりと回復する。多少バランスやチューニングが乱れても起きれる。体力ついてきたのかもしれない。
昨日Eテレの『漫勉』で、漫画家さんたちの精緻な手つきや迷いや葛藤するペン先が面白くて見入った。作業する手は美しい。柔らかくて優しい。いま作っている映画の、円の中心にいる方のみならず、それぞれに関わる一人一人の生々しさや疲れた顔、それでも集まったりできることをできるだけ、と差し出されるその手の優しさよ。この優しさは、質とは直結しないとしてもだよ、存在感そのものになっていくんだよ。何度も何度でも、これに掬われている。最近、本当に優しい手ばかりに会う。きっと手の本人はそんなことないよ、って言う人ばかりだけど、いやいや、知ってるんですよ。そうじゃない手もいっぱいあるし。私宗教家かもしれないけど、毎日感謝してばかり。ありがとうございます。
posted by hamigoe at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記