2014年12月26日

かんぺいさーん

何もわからないけど体も心もひらいて無垢に寄り添うことと、何が起きているか理解できて近づこうともするけれど最終的には突き放す(絶対的にそうせざるを得ない)こと、これってどちらかを選ぶことなんてできるのかな。自分もだけど、相手も。どっちにも振り切れないわたしがいるのはわかる。でもむしろこの二つは現れのある時点をただ指し示したに過ぎなくて、どの程度想像しようとしたりと思いやりをもちまたそれらを発揮できるか、の方に相手は反応するような気もするなー。もっというとそうしようとしてる姿が見えるだけでキュンとしちゃうとかもあるかもなー。
posted by hamigoe at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108333715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック